MySQL TRUNCATEで数値を切り捨てる方法

Last modified date

selectした数値の小数点以下を切り捨てるには

TRUNCATE()関数を使う

TRUNCATE()とは

TRUNCATE()には2つの使い方があり、1つはテーブルを初期化する使い方。

もう一つは小数点以下を切り捨てる使い方である。

今回は小数点以下を切り捨てる方を使う。

TRUNCATE()の使い方

truncate ( 切り捨て対象の数字, 小数点以下の桁数 )

truncate ( 切り捨て対象の数字, 小数点以下の桁数 )で小数点以下の桁数を指定した分以外を切り捨てるのだ。

言い方を変えると、小数点以下の桁数を指定した分だけ渡すのである。

1なら1桁分、2なら2桁分だけ渡すのだ。また、0の場合は整数を渡し、-1など負の数で指定すると、0に整えてから渡すのである。

例:1598.1213の小数点以下を切り捨てるには

//小数点以下を1つだけ取得
select truncate( 1598.1213, 1 );
//結果  1598.1

//小数点以下を2つだけ取得
select truncate( 1598.1213, 2 );
//結果  1598.12

//小数点以下を取得しない
select truncate( 1598.1213, 0 );
//結果  1598

//小数点以下を取得しないで指定した-N桁分ゼロにする
select truncate( 1598.1213, -1 );
//結果  1590

select truncate( 1598.1213, -2 );
//結果  1500

以上、MySQLでTRUNCATE関数を使用して、小数点以下を切り捨てる方法である。

魔王様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post comment